取得条件

本事業への登録申込には、取得条件があります。
以下の取得条件に全て該当されているか、ご確認いただいてからご入力ください。

「基準日」は、お申込みいただく訓練の開始月の前月の末日になります。
例えば、10月12日から開始の訓練の場合は、9月30日が基準日になります。

1
基準日において、35歳以上55歳未満。
2
普通自動車第一種運転免許を取得してから3年以上経過していること。(免許停止期間は含まれません)
3
基準日において、離職している(学校を卒業して就職していない場合も含む)又は、非正規社員※1として働いており、タクシー会社の正社員などの安定した雇用を希望している。

※1 期間の定めがある雇用など

4

以下のいずれかに該当します。

  1. 基準日から直近1年間に正社員※2として雇用されたことがなく、直近5年間においても正社員経験が通算1年以下
  2. 直近1年間において、臨時的・短期的な就業を繰り返す、あるいは臨時的・短期的な就業と失業状態を繰り返すなど、不安定就労の期間が長い
  3. 直近1年間において、非正規雇用の就業経験が多い、あるは就職後の就職期間が短いなど、安定した就労の経験が少ない

※2 期間の定めがない雇用

5
公共職業訓練や求職者支援訓練などの職業訓練、教育訓練を現在、受講していない。また、受講する予定もない。
6
本事業は職業訓練ですので、他の就職氷河期世代の方向けの短期資格等習得コース事業、公共職業訓練、求職者支援訓練、教育訓練給付制度の指定訓練、建設労働者育成支援事業、その他国及び地方公共団体の事業として行われる職業訓練を受講して終了日から1年を経過していない方は、本コースを受講できません。
ただし、本年に限り、令和2年9月までに就職氷河期世代の方向けの短期資格等習得コース事業以外の以上の訓練を修了した方は、受講終了日から1年を経たずとも、本事業の受講が可能です。
また、本コースを受講された場合、受講終了日から1年間を経過しなければ、就職氷河期世代の方向けの短期資格等習得コース事業の他コースを受講することはできません。※3

※3 他コースの実施団体:日本情報技術取引所、日本バス協会、コンピュータソフトウェア協会、日本農業法人協会、全国油脂事業協同組合連合会、全国警備業協会、全日本トラック協会、徳島県設備業協会、日本溶接協会、建設業振興基金が主催する就職氷河期世代の方向けの短期資格等習得コース